新型コロナウイルスに関するビザ申請
ホーム > 新型コロナウイルスに関するビザ申請

新型コロナウイルスに関するビザ申請

新型コロナウイルス感染症の影響により、3月中の在留資格申請について以下のように
変更になります。

・在留期間更新及び在留資格変更(3月中に在留期限を迎える方限定)

 ⇒在留期間満了日から1か月後まで申請受付

 ※3月中に出生した方も含みます。

 

・帰国困難者

 (1)短期滞在(通称:観光ビザ)で在留している方

   ⇒30日間の短期滞在(観光ビザ)の更新を許可する。

 

(2)技能実習又は特定活動(外国人建設就労者又は外国人造船就労者)で在留中の方で、
   従前と同一受け入れ機関及び業務で就労を希望する方

   ⇒30日間の特定活動(就労可)への変更を許可する。

(3)その他の在留資格で在留している方(上記(2)で就労を望まない方を含む)
   ⇒30日間の短期滞在(通称:観光ビザ)の更新を許可する。

 

・在留資格認定証明書交付申請(海外からの呼び寄せ申請)

(1)既に在留資格認定証明書交付申請を行っている場合

   ⇒審査を保留

 

(2)申請中の案件について、活動開始時期の変更希望が示された場合

   ⇒受入機関(雇用先等)作成の理由書のみを提出

 

(3)再入国出国中に在留期限を経過した者など、改めて在留資格認定証明書交付申請が
   行われた場合

   ⇒申請書及び受入機関(雇用先等)作成の理由書のみを提出

過去のブログを検索

携帯サイト


携帯電話をご利用の方は
QRコードを読み取って
モバイルサイトをご覧になれます。


当サイトは、
情報を安全に提供して頂くために、
「高度なセキュリティ」と「信頼性」で
定評のあるRapidSSLを利用しております。
プライバシーポリシー