日系四世の更なる受入について
ホーム > 日系四世の更なる受入について

日系四世の更なる受入について

一定の要件を満たす日系四世の方を受け入れ、日本文化を習得する活動等を通じて日本に
対する理解や関心を深めてもらい、日本と現地日系社会との結び付きを強める架け橋になる
人材を育成するために日系四世の方の受け入れが可能になります。

受入対象者の要件

下記要件を満たす18歳以上30歳以下の日系四世が対象になります。
なお、受入に当たっては受入れ枠(制度開始当初は年間4千人程度を想定)を設けます。

項 目 内 容
素 行 本国において犯罪歴がないこと
日本語能力 入国時:基本的な日本語を理解することができる能力を有していること(N4程度)
更新時:通算して2年を超えて在留するとき ⇒ 日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる能力を有していること(N3程度)
生計維持  預貯金や入国後の就労の見込みも含め、入国後の生計維持が
担保されていること
帰国旅費  帰国旅費が確保されていること 
健 康  健康であること
医療保険に加入していること
家 族  家族を帯同しないこと

在留資格及び活動内容

在留資格(ビザ)は「特定活動」となり、活動内容は以下のとおりです。

①日本語を含む日本文化及び日本国における一般的な生活様式を理解するための活動
②上記活動を行うために必要な資金を補うために必要な範囲内の報酬を受ける活動
 (風営法関係の業務に従事する活動は除く)
※日本語習得等、制度の趣旨に沿った活動を継続的に行っていると認められる場合は、
 最長5年間在留できます。(通算可)

支援策

本制度で受け入れた日系四世に対し、日系四世受入サポーター(一定の要件を満たす
非営利法人又は個人。詳細は以下参照)がサポートを行う。
サポーターは、日系四世が本制度の目的を達成できるように日本文化・日本語教育情報を
はじめ、生活情報、医療情報、雇用情報等の提供や入管手続きの援助を行う。


◎サポーターの要件
 サポーターになる個人又は団体は、以下の要件の全てを満たす必要があります。

 【個人】
 ・サポートする日系四世の数が2名以内であること
 ・外国人である場合は、永住者又は特別永住者であること


 【団体】
 ・国際交流又は地域社会への奉仕を目的として活動する非営利法人であること
 ・サポートする日系四世の数が、活動支援を担当する常勤職員1名につき2名以内であること


 【個人・団体共通】
 ・過去に出入国に関する法令等の違反により刑に処せられた又はこれらの法令に関し不正
    若しくは不当な行為をしたことがないこと
 ・その他日系四世受入れサポーターになるに当たり、活動支援を確実かつ適切に提供でき
    ると認められない事情がないこと


◎サポーターの責務
①日系四世の生活状況確認

②入国管理局へ生活状況報告
 日系四世の在留期間更新時に生活状況を日系四世を通して入国管理局に報告。

③生活相談
 仕事、住居、医療、日本文化等について相談された場合は、相談窓口を紹介するなどして
 対応する。

お問合せ

お問合せに料金は一切かかりませんので、結婚ビザや離婚後の
ビザ変更についてご不明な点がございましたら、以下の方法にて
どうぞお気軽にお問合せ下さい。結婚、離婚時のビザのことなら、東京都墨田区の米井行政書士事務所におまかせ下さい。

年中無休で9時~21時までお問合せ可能です。


TEL:03-4577-0458
携帯:090-1463-8657(日本語)
     090-3674-0866(英語)        

E-mail:yonei@yonei-office.com

お問合せフォーム

過去のブログを検索

携帯サイト


携帯電話をご利用の方は
QRコードを読み取って
モバイルサイトをご覧になれます。


当サイトは、
情報を安全に提供して頂くために、
「高度なセキュリティ」と「信頼性」で
定評のあるRapidSSLを利用しております。
プライバシーポリシー