資本金によって異なる主な税金
ホーム > 資本金によって異なる主な税金

資本金によって異なる主な税金

 

【消費税の課税事業者の判定】

 資本金の額 第1期 第2期 第3期
1,000万円未満 免税事業者 免税事業者 第1期の売上高による
1,000万円以上 課税事業者 課税事業者 第1期の売上高による

 

 

 

 【交際費の損金不算入】

期末資本金の額 損金不算入額
1億円以下

 交際費400万円までの部分の10%+

 交際費400万円を超えるの金額

1億円超  全額

 

 

 

【道府県民税】

資本金の額 従業員数 均等割
1,000万円以下 関係なし 20,000円
1,000万円超、1億円以下 関係なし 50,000円

 

 

 

【市町村民税】

資本金の額 従業員数 均等割
1,000万円以下 50人以下 50,000円
1,000万円以下 50人超 120,000円
1,000万円超、1億円以下 50人以下 130,000円
1,000万円超、1億円以下 50人超 150,000円

 

 

 

 

・・・【株式会社設立】についてはこちらをクリックしてください>>

過去のブログを検索

携帯サイト


携帯電話をご利用の方は
QRコードを読み取って
モバイルサイトをご覧になれます。


当サイトは、
情報を安全に提供して頂くために、
「高度なセキュリティ」と「信頼性」で
定評のあるRapidSSLを利用しております。
プライバシーポリシー