インターネット異性紹介事業
ホーム > インターネット異性紹介事業

インターネット異性紹介事業

インターネット異性紹介事業(出会い系サイト)を営むには、事業を開始する前日までに事務所の
所在地を管轄する警察署を経由して公安委員会への届出が必要となります。
なお、届出をしないでインターネット異性紹介事業を行った場合、6ヶ月以下の懲役又は100万円
以下の罰金処分となります。


【インターネット異性紹介事業の定義】


1.面識のない異性との交流を希望する者の求めに応じて、その者の異性交際に関する情報を
  インターネット上の掲示板に記載するサービスを提供すること。


2.異性交際希望者の情報を公衆が閲覧できるサービスであること。


3.インターネットの掲示板に掲載された情報を閲覧した異性交遊希望者が、その情報を掲載
  した異性交際希望者と電子メール等を利用し、連絡できるようにするサービスであること。


4.有償、無償を問わず、これらのサービスを反復継続して行うこと。

届出に必要な書類

届出に必要な書類は以下の通りです。
必要書類は個人、法人等により異なります。


【個人】
1.事業開始届出書
2.住民票(本籍を記載したもの)
3.身分証明書
4.登記されていないことの証明書
5.誓約書
6.送信元識別符号を使用する権限があることを疎明する資料


【法人】
1.事業開始届出書
2.住民票(本籍を記載したもの) 役員全員分
3.定款
4.登記事項証明書
5.身分証明書 役員全員分
6.登記されていないことの証明書 役員全員分
7.誓約書 役員全員分
8.送信元識別符号を使用する権限があることを疎明する資料


【未成年者が事業者の場合】
上記書類に加え、以下の書類が必要になります。
1.法定代理人の氏名、住所を記載した書面
2.営業許可を証明する書面
3.相続証明書


【識別符号付与業務を他人に委託している場合】
上記に加えて、委託を受けた者の下記書類が必要になります。

●委託を受けた者が個人
1.住民票の写し(本籍地の記載があるもの)
2.身分証明書
3.登記されていないことの証明書
4.誓約書
5.診断書


●委託を受けた者が法人
1.定款
2.登記事項証明書
3.身分証明書
4.住民票の写し(本籍地を記載したもの)
5.登記されていないことの証明書
6.誓約書
7.診断書

Q&A

Q.結婚相談所は、「インターネット異性紹介事業」に該当するのでしょうか?
A.顧客のプロフィールを不特定又は多数の者が閲覧できるようにしていないサイトや、サイトを
  閲覧した者が他の利用者に対して直ちに電子メール等で一対一の連絡を取ることができない
  サイトの場合は、「インターネット異性紹介事業」に該当しません。


Q.SNSは、「インターネット異性紹介事業」に該当するのでしょうか?
A.サイト開設者がサ イトの運営方針として「異性交際希望者」を対象としてサービスを提供して
  いない限り、「インターネット異性紹介事業」には該当しません。


Q.メル友サイトは、「インターネット異性紹介事業」に該当するのでしょうか?
A.サイトの運営方針として「異性交際希望者」を対象としてサービスを提 供していないものは、
  「インターネット異性紹介事業」には該当しませんが、「異性交際希望者」を対象としている
  場合は該当します。

 当事務所の報酬額

当事務所の報酬額は以下の通りです。
お客様の状況により、金額が変動する場合がございます。

インターネット異性紹介事業届出 32,400円
届出時交通費等 実費
必要書類の代理取得 1書類2,000円

 

 お問合せについて

お問合せに料金は一切かかりませんので、以下の方法にてお気軽にビザ申請は東京都墨田区の米井行政書士事務所におまかせ下さい。
お問合せください!
年中無休で9時~21時までお問合せ可能です。

TEL:03-4577-0458
携帯:090-1463-8657     
E-mail:yonei@yonei-office.com

お問合せフォーム

過去のブログを検索

携帯サイト


携帯電話をご利用の方は
QRコードを読み取って
モバイルサイトをご覧になれます。


当サイトは、
情報を安全に提供して頂くために、
「高度なセキュリティ」と「信頼性」で
定評のあるRapidSSLを利用しております。
プライバシーポリシー