その他のビザ手続き
ホーム > その他のビザ手続き

その他のビザ手続き

■ビザの更新

定められた在留期間を超えて日本に滞在を希望する場合、「在留期間更新許可申請」を入国
管理局にしなくてはなりません。
この手続きは、ビザの有効期限の3ヵ月前からできますので、余裕を持って早めに手続きを
するようにしてください。

※ビザの有効期限までに在留期間更新の許可が下りてないとけないという訳ではなく、有効
    期限までに申請し、受理されれば結果がでるまで、もしくは有効期限日の翌日から2か月の
 どちらか早い方まで滞在することができます(許可が下りればそのまま滞在できます)。

 

【手続きの流れ】

STEP1:必要書類の収集、申請書等の作成
申請人または行政書士等が必要書類の収集及び申請書等の作成



STEP2:入国管理局へ申請書類の提出
居住地を管轄する入国管理局へ申請書等の書類を提出します。

 



STEP3:結果の通知
標準審査期間は2週間~3か月です。



STEP4:結果通知
許可の場合は、パスポート・在留カード・許可通知ハガキ・申請手数料納付書
(4,000円の収入印紙を貼付)を持って許可を受けます。

 

【必要書類の例】

1.在留期間更新申請書 1通

2.写真(縦4㎝×横3㎝)   1枚

3.パスポート及び在留カード

4.身元保証書

5.日本での活動内容に応じた資料

不法滞在(オーバーステイ)について

不法滞在(オーバーステイ)とは、在留期間を過ぎて日本に滞在することや、入国許可を持た
ずに日本に入国することをいいます。
原則的に不法滞在の場合、退去強制となりますが、特別な理由がある場合、法務大臣が特別
に在留を許可する
在留特別許可という制度があります。

なお、不法滞在で本国に退去強制になった場合、一定期間は日本に再上陸できなくなります。

一定期間が過ぎれば再上陸できる条件は整いますが、必ずしも入国を保証するものではあり
ません。


【入国拒否期間】

強制送還歴がなく、摘発などにより強制送還された者 5年間
過去に強制送還がある者 10年間
出国命令により出国した者 1年間


【不法滞在の罰則】 

 

■不法入国罪等
 3年以下の懲役若しくは禁錮若しくは300万円以下の罰金、又は懲役若しくは禁錮と
 罰金の併科

■無許可資格外活動の罪
 1年以下の懲役若しくは禁錮若しくは200万円以下の罰金、又は懲役若しくは禁錮と
 罰金の併科

■不法就労助長の罪
 3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金、又はこれの併科

【在留特別許可に必要な書類の例】

 1.陳述書

 2.申告者のパスポート

 3.外国人登録証明書(持っている場合)

 4.身分証明書(持っている場合)

 5.婚姻を証明する書類

 6.配偶者の戸籍謄本

 7.配偶者の住民票

 8.配偶者の源泉徴収表

 9.自宅の賃貸契約書(賃貸の場合)

10.自宅の登記簿(持ち家の場合)

11.写真(縦5㎝×横5㎝)

12.お二人のスナップ写真

13.残高証明書等、資産状況を証明する書類

14.その他の資料
    (出生証明書、日本人配偶者の履歴書、自宅周辺の地図など)

   上記は最低限必要な書類です。審査の過程で別途書類が必要になる場合があります。


不法滞在(オーバーステイ)について詳しくはこちらをご覧下さい。

高度専門職ビザ

高度人材認定による優遇制度とは、経済成長や新たな需要と雇用の創造に資することが期待される高度な能力や資質を有する外国人(高度人材)の受入れを促進するため、ポイントの合計が一定点数(70点以上)に達した者を「高度人材外国人」とし、出入国管理上の優遇措置を講ずる制度です。

 

【高度人材認定の優遇措置】

(1)複合的な在留活動の許容

(2)5年の在留期間の付与

(3)永住許可要件の緩和
 ※概ね5年で許可の対象となり、4年6か月~申請ができるようになります。

(4)入国・在留手続きの優先処理

(5)高度人材配偶者の就労

(6)一定条件下での両親の帯同許可

(7)一定条件下での家事使用人の許容


■申請手数料:4,000円(許可時にかかります)

■標準審査期間:原則1週間


高度人材認定
について詳しくはこちらをご覧下さい。 

当事務所の報酬額

当事務所の報酬額(税抜)、実費額は以下の通りです。

【報酬額】

ビザの延長 25,000円~
在留特別許可(不法滞在の場合) 200,000円~
高度専門職 70,000円~

 

【実費額】

申請手数料(ビザの延長・高度専門職) 4,000円
申請手数料(就労資格証明書) 900円

※上記以外に実費がかかる場合があります。

お問合せについて

 お問合せに料金は一切かかりませんので、ビザについてご不明な点が
ございましたら、以下の方法でどうぞお気軽にお問合せ下さい!

ビザ申請は東京都墨田区の米井行政書士事務所におまかせ下さい。年中無休で9時~21時まで受付しています。

 

過去のブログを検索

携帯サイト


携帯電話をご利用の方は
QRコードを読み取って
モバイルサイトをご覧になれます。


当サイトは、
情報を安全に提供して頂くために、
「高度なセキュリティ」と「信頼性」で
定評のあるRapidSSLを利用しております。
プライバシーポリシー